2020年09月14日

勉強メモ 交通事故

*勉強メモのため、記載の正確性を担保するものではありません。

一般的にむち打ち損傷は長期化することは少なく、1か月以内で治療終了例が約80パーセント、6カ月以上要するものは約3%であるという(むち打ち損傷ハンドブック 第2版)。

それでは、裁判において、6ヶ月位以上の治療期間が認めれることはないのか?
→場合によってはある

Posted by mc1575 at19:16

この記事へのトラックバックURL

 

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
mc1575